住宅での防音とドラム

作業員

ドラム室の問題解決の難しさ

ギター・ベース・ピアノなど他の楽器と違い、ドラムほど自宅で練習環境を作るのが難しい楽器はなかなかありません。自宅でのドラム、またバンド練習は住宅密集地域や集合住宅に暮らすドラマーにとっての悩みの種です。なぜならバスドラムによる低音域の音圧が他の楽器と比べて大きく、また低音は高音に対して減衰しにくく騒音だけでなく部屋や建物全体を振動させてしまうのです。様々な防音工事業者が「激安防音工事」などを謳い文句に宣伝をしていますが、価格面での比較検討やデザイン性だけで業者を選んでしまったが実際には音漏れが酷く、近隣の住民の方やマンション・アパートの管理人さん・大家さんから大きな苦情を受けてしまう例も少なくありません。

これから防音工事への考え方

まず、一般住宅において完全に音漏れを防ぐことは不可能です。とはいえ現在ではインターネットの普及もあり、大手楽器メーカーや大手工務店の他にも様々な優良業者を続々と探すことができるようになってきています。遮音性については、防音工事を一度施工してしまうと施工後から根本的に問題を改善することは非常に困難です。これから防音工事を考えるなら、施工物件の多さや有名楽器メーカーなどと言った知名度だけで判断はせず、どのような場所(居住環境)と目的(遮音・内装・吸音など)で防音工事をしたいのかをしっかりとヒアリングしてくれた上で防音設計を行ってくれる業者を選ぶことがもっとも大切です。インターネットで「ドラム 防音工事」などの検索ワードで様々な優良業者のサイトを検索できることにより、ユーザーの選択肢はより広がってきています。業者選びには目的にあった防音工事に対して妥協することなく、ドラマーの夢である自分だけのドラム室を実現しましょう。

おすすめ記事一覧

床

床を綺麗に維持しよう

フロアコーティングをどこに依頼していいか悩んだ場合には、比較サイトを参考にしてみましょう。特色や価格、保証などが紹介されているため、簡単に比べることができます。また、価格で選びたい場合は、一括見積もりサイトが便利です。複数の会社から一括で見積もりが取れるため、最も安い会社に依頼することができます。

室内

なぜコーティングが必要か

フロアコーティングはフローリング材の上に薄い膜を作りフローリング材を保護します。この膜により光沢が出たりフローリング材に傷がつくのを予防する効果があります。導入する際には導入目的によって使用するコーティングの種類を決めることでより満足のいく施工にすることが可能です。

床

床の寿命を長く

樹脂やガラスの塗膜を張るというフロアコーティングにより、床の寿命は長くなります。専門業者に依頼した場合は、より長持ちする塗膜となります。料金は1畳あたり5千円が相場ですが、施工範囲が広い場合は割引されます。また事前に家具などを移動させておく必要がありますが、困難な場合は業者に任せることもできます。

Copyright© 2017 マンションの床をフロアコーティングをするには All Rights Reserved.