床材コーティングとは

床

フロアコーティングの比較

フロアコーティングは、新築住宅やリフォームを行った時などに主にフローリングなどの床材をコーティングすることです。フローリングをコーティングしない場合と比較して、床が長持ちする掃除がしやすくなるなどのメリットがあります。 フロアコーティングは使用される樹脂や塗料によって耐用年数や仕上がりが大きく異なります。また、塗り直しがきかないものもあるので施工前によく比較検討することが重要です。 価格はシリコンコーティングとウレタンコーティングが1畳で2500円から6000円、ガラスコーティングとUVコーティングが5000円から10000円します。シリコンコーティングがコストパフォーマンスの高さや滑りにくさから人気です。

コーティングのメリット

フローリングの保護はワックスを使うことが多いですが、耐久性の低さや塗り直しの手間がかかるのがフロアコーティングと比較した場合のデメリットです。 フロアコーティングは近年開発された床の保護方法で、ワックスがけと比較して手間がかからないことや、床の傷、汚れ防止になることが特徴で、硬度が高いことや長いものでは30年持つという耐久性が特色です。アクリルコーティングやウレタンコーティングの安価なものでも3年から10年持ちます。 うまくインテリアとコーディネートすると、フロアコーティングの独特の光沢と調和して高級感を演出することもできます。また、最近ではツヤ消しタイプなどの塗料もあり、仕上がりの選択の幅が広がっています。

おすすめ記事一覧

床

床を綺麗に維持しよう

フロアコーティングをどこに依頼していいか悩んだ場合には、比較サイトを参考にしてみましょう。特色や価格、保証などが紹介されているため、簡単に比べることができます。また、価格で選びたい場合は、一括見積もりサイトが便利です。複数の会社から一括で見積もりが取れるため、最も安い会社に依頼することができます。

室内

なぜコーティングが必要か

フロアコーティングはフローリング材の上に薄い膜を作りフローリング材を保護します。この膜により光沢が出たりフローリング材に傷がつくのを予防する効果があります。導入する際には導入目的によって使用するコーティングの種類を決めることでより満足のいく施工にすることが可能です。

床

床の寿命を長く

樹脂やガラスの塗膜を張るというフロアコーティングにより、床の寿命は長くなります。専門業者に依頼した場合は、より長持ちする塗膜となります。料金は1畳あたり5千円が相場ですが、施工範囲が広い場合は割引されます。また事前に家具などを移動させておく必要がありますが、困難な場合は業者に任せることもできます。

Copyright© 2017 マンションの床をフロアコーティングをするには All Rights Reserved.