住宅の給排水の大変さ

水道

今後の動向についての予測について

給排水工事は建物を建てる場合には、住宅やマンションなど給排水工事に係わる平面プランや垂直計画によってその工事費は増減します。 給排水工事の施工やトラブルとして工事費が予想以上に高くつくというケースも多いものです。これらは今後は一括見積により、少なくなって行くという予測は立ちます。 ビル建物や共同住宅の給排水工事においては地上に受水槽を設け、建物の屋上に高架水槽を設けて順次ポンプを使って屋上に汲み上げ、そこから各居室に水道水を給水するというシステムになっています。 ポンプ用の動力機には専用のインバータを取り入れることでこれまで負荷の変化による効率変化が少ないということで適した電動機であるとされています。 1台で水量調整を行うよりも複数台で分担してこれを行うほうが効率的とされ、省エネが実現されるとも言われています。 今後は省エネに配慮された方法で消費電力を抑える方法が取り入れられて行くようになると予測されています。

注意すべき点や気を付けることとは

台所や洗面所、トイレや浴室等をなるべく1箇所に集中させて配管距離も短くすることで工事費は安く付く傾向になります。それと2重床にするとか点検場所を設置することで保守管理がしやすくなり、修理やメンテナンスもやりやすくなるということが言えます。 リフォームなどを行う場合には1社ではなくて複数の業者から一括見積を取る方法が望まれます。 業者の中には見積書を提出しても1箇所いくらという書き方でそれを寄せ集めたものを合計額として計上することも多く見られます。あるいは最初に安い見積額を提示しておきながら、途中でなんらかの工事分が余分に出て来て、結果10倍以上の請求額を要求される場合もあると聞きます。 これらは最初に契約書を取り交わしていなかった時によく起きると言われています。最初にきちんと決めておいて訂正すべきところは訂正印を押すなどしてこういうことの起こらない対策を立てるべきです。

おすすめ記事一覧

床

床を綺麗に維持しよう

フロアコーティングをどこに依頼していいか悩んだ場合には、比較サイトを参考にしてみましょう。特色や価格、保証などが紹介されているため、簡単に比べることができます。また、価格で選びたい場合は、一括見積もりサイトが便利です。複数の会社から一括で見積もりが取れるため、最も安い会社に依頼することができます。

室内

なぜコーティングが必要か

フロアコーティングはフローリング材の上に薄い膜を作りフローリング材を保護します。この膜により光沢が出たりフローリング材に傷がつくのを予防する効果があります。導入する際には導入目的によって使用するコーティングの種類を決めることでより満足のいく施工にすることが可能です。

床

床の寿命を長く

樹脂やガラスの塗膜を張るというフロアコーティングにより、床の寿命は長くなります。専門業者に依頼した場合は、より長持ちする塗膜となります。料金は1畳あたり5千円が相場ですが、施工範囲が広い場合は割引されます。また事前に家具などを移動させておく必要がありますが、困難な場合は業者に任せることもできます。

Copyright© 2017 マンションの床をフロアコーティングをするには All Rights Reserved.